株式会社 GLONETS

埼玉県を中心に関東全域の電気設備工事のことなら株式会社 GLONETSにお任せください!

ログイン

事業エリア

茨城県,栃木県,埼玉県,
千葉県,東京都,群馬県,
神奈川県

リンク

HOME»  テレビQ&A

テレビQ&A

※このテレビQ&Aは、実際にあったお客様からの質問をできる限り、解りやすく回答しているため、 プロの方には、不向きな回答かも知れませんが、ご了承ください。

こちらに記載のないご質問がございましたらTELやFAX、お問い合わせよりお気軽にご連絡下さい。

 

Q

有料放送が映ってるけど、料金がかかるんじゃないの?

A

ご契約してなければ映ってても、料金はかかりません。なお、ご契約済になっていればかかります。

 

Q

フレッツテレビとひかりTV、何だか意味がわからない。

A

フレッツテレビもひかりTVも地デジを見れます。
また、光ファイバー回線を使って見るという点では、2つ共同じです。
違いは、今までと同じようにご自宅にある( ◎ こんな形した) 差込口にアンテナ線をテレビに繋いで見るテレビがフレッツテレビ。
インターネット回線(いわゆるLANケーブル)を使って機器(チューナー)を置いて、機器からテレビに繋いでみるのがひかりTV。

 

Q

どうして、ブースターは必要なの?付けなくてはいけないの?

A

まず、ブースターとは・・・電波のレベルを(増幅)上げる精密機械です。
テレビを見るためには、適正な電波レベルが必要になります。アンテナなどから受信した電波は、同軸ケーブルというテレビ用の線を伝わって壁についているテレビ端子( ◎ こんな形した)まできています。要するに、このテレビ端子から電波が出ているわけです。アンテナからテレビ端子に電波が届くまでに、至る所で様々な抵抗がかかります。数字で言いますとアンテナ付近で60dBという電波レベルであったとしてもテレビ端子に至る抵抗によって、テレビ端子の電波レベルが様々な要因で40dB位まで落ちてしまします。
これを改善するため、アンテナ付近でブースターを使い、(増幅)上げることで、テレビ端子の電波レベルを40dB→60dBに上げる役割をします。要するにブースターを付けたことにより20dB上がったことになります。
では、40dBじゃだめなのか?電波は、季節や天候により上がったり下がったりします。この電波レベルですと、前説のような原因で、映るときもあれば、映らない時もある、ということになります。プロの仕事では、これはあってはいけません。そのため、電波レベルを適正な値にします。長年テレビを見れるようにするということです。こういった理由でブースターを設置させていただくものです。
電波レベルは、低くても高くても映りません。適正な値に調整するのが、プロ工事となります。下手に料金を惜しんで付けないよりは、長年、テレビを見るためのものなので、嫌な思いを後でするより、工事の時にしっかりとした工事をしてもらった方が、賢明かと思います。

 

Q

テレビのBS・CSボタンを使いたい。どうすれば使える?

A

この2つのボタンは、衛星放送のボタンです。よくベランダなどに、30㎝くらいの丸い円盤形のアンテナがついてるお宅があると思います。周りのお宅のベランダを見てみてください。
この円盤形のアンテナが、衛星放送用です。このアンテナを取付工事するか、フレッツテレビの工事をすれば、使える=ご視聴可能な状態になります。地デジのアンテナでは、この衛星放送は、ご視聴になれません。

 

お問い合わせ

お問い合わせ